背中ニキビの薬の塗り方

背中ニキビの薬の塗り方について

背中ニキビ用の薬を家族やパートナーに塗ってもらうのが気が引けることもあります。

 

「今手が離せないのであとで塗ってあげるから」、「もうっ!(テレビで)いいところだったのに」とかね。

 

そこで活躍するのがこれ、「軟こうぬりちゃん」。

 

 

私は「軟こうぬりちゃん」を使っていますが、同じような商品として「セヌール2 塗るまごの手」、「背中ぬりっこ ASH-30」などがあります。

 

価格は、1,000円前後です。

 

ドラッグストアなどで売られていることもありますが、Amazonか楽天で必ず売られています。

 

これなら自分で塗れますので、家族やパートナーに気を使う必要がないですよ。

 

 

背中ニキビの薬の塗り方や注意点

・「軟こうぬりちゃん」などを使う場合、薬をつけるパッド部分を消毒用エタノールや清浄綿などでふきとってから薬をつけるようにしましょう。

 

・手で塗る場合は、手をよく洗い、水分をよくふきとってから塗るようにします。

 

・薬は背中ニキビだけに塗るのではなく、その周辺にもまんべんなく塗ります。

 

・保湿剤を重ね塗りする場合は、保湿剤を先に塗ってから薬を塗ります。

 

塗ったあとは、刺激が少なく、また、汗をよくすいとる綿100%のキャミソールなどのインナーをオススメします。
※汗も背中ニキビには大敵です。

 

意外と柔軟剤が背中ニキビが治らない原因になっていることがありますので、洗濯のときは柔軟剤を使わないようにしましょう。

 

 

page top